カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
ボタンを愉しむ

ビミニボタン

ビミニボタン
圧倒的な存在感

ウィーンでガラスのオブジェなどを製作・販売していた、チェコ出身のFritz Lampl(フリッツ・ランプル)は
1938年に、ウィーンからロンドンに亡命しました。

大英博物館を訪れたランプルは、古代ギリシャのコインに強いインスピレーションを受け1940年にビミニ社を設立。
コインのデザインでもある英雄・動物・鳥などのモチーフが入ったものや
色ガラスに、ゴールド、プラチナのコーティングをほどこした
ユニークなフォルムのガラスボタンの数々を製作しました。

ビミニボタンは、戦時中であったにも関わらず、大変人気があり、一時期は、10数名のスタッフを雇い入れるほどになりました。

オーストリア時代から交友があった女流陶芸家のLucie Rie(ルーシー・リー)もその一人で
戦時中に、ビミニ社で、ガラス製のボタンを作っていたというエピソードは有名です。
ロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムには、ルーシー・リーがデザイン・製作したビミニボタンも収蔵されています。

50商品
50商品中 1 - 12表示